大好きな物や人について


by walnut7

Last Day...①

兄ちゃんの小学生最後の試合(練習試合)も無事終わりました。
アットホームな雰囲気で、子供達も父兄も笑いが絶えなくて・・・楽しいLastでした。
e0086729_15212610.jpg

練習試合だから、ポジショングルグル(笑)
好きなところをやらせてもらえるの。
フォームはなってませんが、楽しかったみたい♪


愚痴だか何だか・・・
これまでを少し振り返って反省します。
そんなの読みたくない!時は、ポチしないでね。



小学3年生の春
「お母さん、野球がしたい」
兄ちゃんが言いました。
その頃、しばらく専業主婦していて社会復帰したばかり。
「ゴメン・・・お母さん、土日が休みのお仕事じゃないから、無理だと思う」
そんな答え方をしたと思います。
ガックリした兄ちゃんの表情を、今も覚えています。

そして4年生の春
「○○君も□□君も入ったよ。僕も野球がしたいのに・・・」
私は1年前に言ってました。
「4年生になっても野球がしたかったら・・・」と。

スポーツ少年団と言う未知の世界。
学校区外の母たちの集団・・・
ハッキリ言って苦手な分野です。
でも、仕方がない。
約束してしまったから・・・

でも、そんないい加減な親ですから・・・
休める時には休ませる。
仕事優先、家事優先・・・
今思えば、身勝手な?だったのかもしれません。
だって・・・怖かった。
遠巻きに、集団でチラチラこちらをうかがう姿に・・・
「嫌いだ!」そう心で何度も雄たけびを上げていました(汗)

そして7月
私は、入院・手術・・・となり。
兄ちゃんも丸1ヶ月ぐらい、野球を休みました。
それが原因だったのか?
一緒に入った他の子は、6年生が抜けたあとレギュラーになりました。
たまたま、兄ちゃんが出来る守備の位置と5年生の守備位置がかぶっていたから?
そうなのかもしれませんが・・・

落ち込む兄ちゃんを見て、私は自分を責めました。

5年の夏ころになると・・・
代走とか外野とか、そんな形で試合に出してくれるようにもなりました。
秋になり冬が来て・・・そろそろ、兄ちゃんたちの学年にバトンタッチ。
さぁ、これから・・・そんな時でした。
ちょうど去年の今頃なのかな?
「野球を止めたい。練習に行きたくない・・・」
そう口にするようになりました。

同じ学年なのに、ましてや同じ時期に入団したのに・・・
かたやレギュラー、先頭を歩く。
それを後ろから見ながら、自分は道具を運ぶ。
そんなことが嫌になったのでしょうか?
もっと深いところで、何かがあったのかもしれませんが・・・
私は意地になっていました。
こんな中途半端では、絶対に止めさせないと・・・
[PR]
by walnut7 | 2007-12-04 15:16 | 気になるもの...